その他手続き|佐世保周辺で遺言・相続相談ができる事務所をお探しなら【行政書士事務所グッド】へご相談ください。

その他手続き

  • 農地法手続き
  • 車庫証明について

農地法手続

 農地の場合
たとえ自分が所有する土地であっても、自由に家を建てたり、駐車場にしたり、売ったりすることは出来ません。市や県で必要な手続きが必要になります。それが、農地手続きです。 
 行政書士事務所グッドでは、農地手続の許可届出申請書類の作成や代理申請を行います。お客様のご要望に応じて、スムーズに手続きを進めることが私たちの使命です。

農地法お手続きの事例

  • 現況が宅地である土地を売りたい(または買いたい)が、登記上の地目が畑になっている場合

 現況が宅地であっても地目が農地である土地を他人に売ったり、貸したりする場合には、まず農業委員会による5条許可(または届出)がないと所有権を移すことができません。
 売買をお考え、または既に条件付きの契約(合意)をされている方で、農地法のお手続きがお済みでない売主、買主または不動産業者様は、グッドにお任せください。
 特に個人同士の契約の場合は、書面の取り交わしをおすすめいたしますが、グッドでは不動産売買契約書や賃貸借(使用貸借)契約書の作成も併せて承ることができます。

  • 親が保有していた農地を相続する場合

 例えば、両親が亡くなり、その両親が田や畑を持っていた場合、農地が相続の対象になってきます。基本的には、農地が他の人の所有になるときには、農業委員会の許可がいるところですが、相続の場合は届出でよいとされています。
 誰がその土地を相続するか決めることができますが、まずは遺言が無いかを調べるのが良いでしょう。

  • 農地を子どもに相続させる(遺言をする)場合

生きている間に子どもに農地を相続させるための遺言書を書くことができます。
そうすることで、その子どもがスムーズに農地の所有権を引き継ぐことができます。

  • その他の農地に関するお手続き

まずは、お気軽にお電話(0956-37-8876)またはメールフォームよりお問い合わせ・ご相談ください。

車庫証明について

 自動車を新しく購入する時や、他人から譲り受けた時、車庫証明が必要になります。車庫証明とは、車の所有者が保管場所を確保することを法律で規制しているため、必要となる手続です。 保管場所を確定しないと、長期間に渡り路上駐車する車が増え、車両や歩行者の邪魔になってしまう恐れがあるからです。
 車庫証明は、警察に保管する場所を証明するだけでなく、道路の交通を円滑にして、私たち国民が安全に生活することが出来るようにする手続きでもあるのです。
遺言・相続の相談は行政書士事務所グッドまで遺言・相続の相談は行政書士事務所グッドまで
お問い合わせはこちら

Tel0956-37-8876

Fax0956-37-8896

【営業時間】8:30~17:30 【定休日】日曜・祝日
※時間外でも21:00までは電話による受付を行っています。営業電話はお控えください。

ページの先頭へ